海外生活も長くなるけど、英会話の上達に頭打ちを感じていたら

愛想笑いリスニングはもう卒業したい
聞き取りの限界は発音にあると思いはじめていたら

発音1,500本ノックでネイティブに通じる一生物の発音とリスニング
あなたも手に入れてみませんか?

スピーキングはもちろん
リスニングの伸び悩みを突破する
カギを握る「発音」

自分が出せない「音」は聞き取れない!

海外駐在歴24年目 NY在住の40代男性は、長年に渡って英会話で伸び悩んでいた状態から一気に自分の壁を乗り超え、次のステージに進んだ「発音ブートキャンプ(月間募集枠5名)」このプログラムにあなたも参加してみませんか?受講に関する情報を受け取りたい方はフォームからオプトインしてください。

生徒さんからの声

海外駐在歴24年目 40代男性 N.Y.在住
(タイ13年、イギリス7年、アメリカ4年目)
恥ずかしい話ですが、英語はとにかくフラストレーションの元でした

もちろん海外駐在歴も長くなると、その場の流れと雰囲気で、うまく誤魔化すスキルだけは一級品ですが(苦笑)

なので、友人・知人はもちろん職場や取引先でも、私が英語で苦戦してたなんて、今でも思ってないと思います

少なくとも表面的には

でも、それがいつもプレッシャーでした

駐在員歴20年以上にもなると、英語で苦労してるなんて人に言えるわけもなく、積年のモヤモヤは大きくなる一方。。。

それが、タッド先生との出会いにより、これまでなんとなく感覚で乗り切ってきた部分を分かりやすく論理的に教えてもらったことで、曇っていた視界が一気に晴れました

これまで赴任先だったタイ、イギリス、そして此処アメリカでも英語学校やプライベートレッスンも受けましたが、聞いたこともないノウハウ満載で、目からウロコが100枚あっても足りないくらい剥がれ落ちました(笑)

これは学校の先生やネイティブには教えられないだろうなー、と思うものばかり

しかも今回は、周りの友人・知人にバレずにこっそりオンラインで学べたことも私にはラッキーでした

◼︎ TAD METHODを検討している人たちへ

とにかく海外生活が長くなればなるほど、焦りを感じてました

このままだと小手先テクニックだけで、一生「ごまかし英語」で終わってしまう。。。

 タッド先生と出会う以前の私といえば、ネイティブとの会話は特に苦手意識が強く「できるだけ避けて通りたい」と思ってました

それが今ではネイティブの英語の方が聞き取りやすく「しっくりくる」感じで「耳に心地良い」とさえ思うように

それまでは、非ネイティブ同士の英語の方がラクで良かったのに、今では非ネイティブの英語は「しっくりこない」「耳に心地よくない」という理由からネイティブとの会話の方が、好むようになったのだから自分でも驚きです

もしあなたも、私と同じように英語の上達で伸び悩んでたら TAD METHODは、私が自信を持ってお勧めできるプログラムです

じゃぁ、いつやるの?
今でしょ!

すみません、古くて(笑)

でも、TAD METHODが日本人、特に海外で英語で苦労している人には「救世主」となる、救いのメソッドになると本気で思っているので、一人でも多くの人に知ってもらいたいですね
小山千秋さん アメリカ駐在1年8ヶ月

眼から鱗の発音のルールが分かり、地元の教会の先生の会話も、よりクリアに聞こえるようになりました

洋画を使ったレッスンでは、違う視点で見ることができ、会話の他にも文化的背景が学べて良かったです

これまでは、我流で、ペラペラだらだらと知っている単語で、喋っていたけれども、ゆっくりと、間をとって、発音をシッカリと意識する事で伝わりやすくなりました

そのおかげで、今までは難しいと思っていたネイティブの抑揚のある会話、テンポのある会話にも、抵抗がなく聞けるようになったのも驚き

TAD Method は、これまで、カタカナ英語だった人が、より、ネイティブに近い音を出すお手伝いをしてくれます!

PS、
英語は、身振り、手振り、そして、何より表情が大切なので、英語でお喋りをするほどに、英語らしい発音と相まって、表情筋も知らないうちに鍛えられます

そのおかげで気になるほうれい線も、うすくなり、英語を話すことで、自然と目が大きく見開いて、表情もイキイキしてくるようです!!
Sakikoさん アメリカ在住1年

「私の耳は英語を聞き取れる能力がない」と思って、ずっと英語を使わない生活をしていましたが、主人のアメリカ駐在をきっかけに、受講を決意しました。

TAD Methodのアメリカ英語のリスニングのコツを理解することで、私の耳でも英語を聞き取ることが出来ると希望が持てました。

なぜそう思える様になったかというと、私はアメリカ英語は日本語と同じように単語一つ一つ丁寧に話していると思っていました。しかし、文章にすると、単語同士の音が変化したり、発音しない部分があると理解したからです。

はじめから言っていないのだから聞こえる訳がない!私の耳がダメだった訳ではない!!(笑)

現在、洋画を見ながらTAD Methodに該当するとろを見つけることがブームです。まだまだ始めたばかりですが、今後はスピーキングに反映してカッコ良く話ができたらと思っています。

日本の英語教育では教えてくれない、リスニングのポイントを唯一分かりやすく体系的に説明してくれるTAD Methodオススメです!
東京メディカルクリニック平和台駅前院
院長 木島 豪先生
日本循環器学会認定循環器専門医
日本内科学会認定内科医

🔷 毎日の診療にも英語が必要な時代に

地域に根ざした開業医としてクリニックを営んでいます。

近年は、ここ練馬区でも海外の患者さんが増え、英語で診察することが増えてきました。国籍は様々ですがコミュニケーションするならやはり英語です。

病気やケガで不安な状態の患者さんに、英語でまごついてたら不安が増すだけなので受付スタッフをはじめクリニック全体で英語対応できるようにしています。

TAD Methodは、英語の発音の特徴をつかむことでリスニングが聞き取れるようになり、出勤時の車の中でCNNの音声CDを聞いてます。

最初は聞いた内容が合っているかどうか自信がなく答え合わせしていましたが、今ではつまづかずに聞くことができています。

英語を学びながら、CNNで世界情勢もキャッチアップできるので楽しみながら続けらえるのが嬉しいです。





英会話で
こんな悩みありませんか?

  • ネイティブの話すスピードが速くてついていけない
  • ネイティブが話す英語は、書いてある通りに聞こえない
  • ​Huh?って聞き返されると余計に緊張して言えなくなる
  • 友人・知人、同僚などと​ランチや立ち話、雑談が苦手
  • 英語は、日本人の耳には拾えない周波数でしゃべっているとしたら、そんな周波数の音を聞き取ったり、発音するなんて自分にはムリなんじゃないかと諦めモードになってきている
プログラム開発者・インストラクター
Tad Kaneko
書籍・寄稿関連
Copyright © 2016  - 2021   Three Eleven, Inc. All Rights Reserved.